医療機器販売  フィンガルリンク株式会社
会社情報

HOME | 会社情報 | 会社沿革

会社沿革
 
1990.6

東京都墨田区東駒形で、臨床検査機器メーカー協力の下、血液ガス分析装置等の緊急検査装置を中心に営業特約店として、販売とメンテナンス事業を開始する。

1994.1

東北地方における数多くの実績から、北日本を重点地域にするため、札幌営業所を新設し、サービス体制を整える。道内のPOCTメンテナンス契約を大手メーカーと締結する。

1996.1

大阪営業所を新設。デュポン大阪支店より、多項目自動分析装置のシステムメンテナンスを依頼され、技術者を派遣する。臓器移植に伴う保存用の新型プログラムフリーザーを、京都府立医科大、国立循環器センターの指導で開発製造する。全国に営業展開を始める。

2001.8

多項目自動分析装置に伴う弊社の検査システムに対するインターフェース業務の実績が認められ、海外メーカーの生化学自動分析装置に弊社に適合する臨床検査システム開発をスタート。

2002.10

盛岡駅前に医療情報開発センターとして、MDIビルを完成し、地域活性化で人材確保を有利にし、医療検査システム開発を本格的に開始する。

本社でGMPIを収得。海外取引経験者を採用し、本格的に輸入業務を開始。

2003.11

セキュリティの充実するため、サーバーの環境や、SE専門部隊を充実するため、浅草本社からシステム開発部のスタッフ環境を整えるため東京日産ビルに移転する

2006.6

遠隔病理診断システムでU-Japan大賞 ライフ部門 総務大臣賞を受賞

2006.11

ドイツのデュッセルドルフで毎年開催されている世界最大の医療機器展示会 MEDICA にCyto Collect T-8を展示支援する。国際的な営業展開について貴重な経験をする。

2010.2

岩手県花巻市に医療製造工場を収得。医療機器生体センサ開発と超音波プローブ製造開発を計画開始。

2014.3

本社を台東区元浅草に移転 オフィスが快適になる。

2016.1

花巻工場 ISO13485 取得  EMS量産受託 開始